植栽工事サービス

高木中低木・地被植物植栽・芝張り

植栽工事で建物に緑を添えると景観全体が美しく見えるのはもちろん、暑さを和らげたり、目隠しになるといった効果も得られます。
 
埼玉県行田市の三島造園では、個人の邸宅やマンションの植栽工事はもちろん、学校・公園といった公共施設等、幅広い場所で緑の空間を創って参りました。
 
実績豊かな職人の手による植栽工事で、癒やしの場所を創ってみませんか?

高木植栽

  • 視線を集めるアイストップに
  • 建物や庭のシンボルツリーに
  • 日陰を作りたい時に
  • 建物の圧迫感をソフトに

高木とは

高木(こうぼく)の定義は様々ですが、3~5メートル以上のものを「高木」と呼ぶことが多いです。「見上げるような高さの木」と考えると良いでしょう。

【高木の例】
シマトリネコ
ハイノキ
シラカシ 等

高木植栽のメリット

通行人の印象に残る高木は、建物のシンボルとなるような存在です。また高木植栽はマンションやオフィスビル等の高層建築やモダンデザインの建物が持つ冷たさや圧迫感を和らげ、優しい印象にする効果も持っています。

成長する毎に緑の枝を広げる高木は、玄関脇や窓際の日陰作りにもピッタリです。三島造園の高木植栽で日差しをやさしく遮って、憩いのスペースを作りましょう。

中低木植栽

  • 敷地の区切りとして
  • 並べて植えて「目隠し」に
  • 花や実の鑑賞を楽しみたい時に
  • 小さなスペースの緑化に

中低木とは

「低木(ていぼく)」とは、生長をしても人間の背を超えない程度の高さの木のことです。高木と低木の間の高さの木は「中木(ちゅうぼく)」と呼びます。

【中低木の例】
ツツジ
ヒメシャリンバイ
アジサイ
オオデマリ 等

中低木植栽のメリット

人間の背丈程度の高さの中低木をバランス良く植栽すれば、1Fの窓際やお風呂場等の目隠しにも。腰程度の高さの低木を植栽し、さりげなく敷地の区切りや導線を造ることもできます。

「季節の花や実を間近に見て、四季の移ろいを楽しみたい」という時にも中低木はうってつけです。高木に比べてメンテナンスもしやすいので「自分でできるだけ庭のお手入れをしたい」という時にも向いています。

また高木と中低木を組み合わせて植栽するとデザインに奥行きが生まれ、コンパクトなスペースでも印象的な表情を見せてくれます。

地被類植栽(地被植物の植栽)

  • 庭や建物の見た目をアップさせたい時に
  • 温度上昇の防止に
  • ホコリや泥はねの防止に
  • 表土の流れ出し防止に
  • 雑草対策に

地被類・地被植物とは

地被類・地被植物(ちひるい・ちひしょくぶつ)とは、低木よりもさらに樹高が低く、地面や法面(のりめん)を覆い隠すように生育する植物のことです。樹木だけでなくツル科の植物や球根性の草花等も含みます。最近では地被植物を「グランドカバー」とも呼びます。

【地被植物の例】
クラピア
タマリュウ
ヤブコウジ
ヤブラン
ワイルドストロベリー 等

地被植物植栽のメリット

土が見える部分に地被植物を植栽すれば、スペースが緑で埋まり見た目がグッと良くなります。建物の景観に落ち着きや安心感を添えたい時にもおすすめです。

また地被植物は適度に水分を保持するためホコリが立ちにくく、泥はね等を防止する効果も。自然の緑には地表の温度を冷却する働きもあるので、暑い夏にも助かる存在です。

さらに地被植物を植栽すると雑草が生えにくくなり、庭や緑化部分の管理の負担を軽減します。高木・中低木の根本に地被類を加えれば、通行人の根への足の踏み入れの防止にも。多彩なメリットがあるのが魅力です。

芝張り(芝の植栽)

  • 空間を自然で明るい雰囲気に
  • 土ほこり・砂埃の防止に
  • 日光の照り返しの防止に
  • 駐車スペース等の緑化に

芝・芝生・芝張りとは

日本では芝生をカーペットやマットのように四角く切り取った「切芝(きりしば)」を植栽する技術が発達しました。そのため芝は「植える」のではなく「張る(芝張り)」と言います。厳密には「芝張り(しばはり)」というと日本芝の植栽ですが、西洋芝のこともまとめて「芝張り」と呼ばれるケースも多いです。

【芝の種類】
野芝(ノシバ)
高麗芝(コウライシバ)
バミューダグラス
ベントグラス 等

芝張りのメリット

天然の芝生が生み出す緑の表情は、地面を美しく彩ってくれます。高木・中低木との調和も生み出しやすく、空間の全体的なイメージアップをしたい時にもピッタリです。

コンクリートに比べて天然芝は土埃が立ちにくいため、物干し場やキッズスペース・駐車スペースの緑化にも向いています。座ったり寝そべったりして、ご自宅の庭で気軽にアウトドア気分を楽しみたい時にもおすすめです。

芝生には直射日光による照り返しを防止し、気温の上昇も防ぐ効果も。植栽費用が比較的リーズナブルなので、手軽にスペースを緑化したい時にも向いています。

建物やライフスタイルに合う植栽工事をご提案

三島造園では、樹木の特性・種類を活かすことはもちろん、他の樹木や草花とのバランス、そして「人との共生」も考慮した植栽工事をモットーとしています。

どんな時に、どのような方達が使うスペースか?スペースの広さは?日当たりは?メンテナンスの頻度は?…様々な要素で、植栽に最適な樹木は変わってくるものです。

当社では熟練の職人がお客様のお好みやライフスタイル等を丁寧にヒアリングし、多様な植物の中から最適な樹木を選定。永く美しさをお楽しみいただける植栽プランをご提案します。

コンパクトな空間から大型施設の緑化まで対応

三島造園では個人のご邸宅はもちろん、集合住宅や商業施設等、幅広い建物の植栽工事の実績がございます。

【植栽工事の例】
個人宅・玄関スペースの植栽工事
マンションの共用部の植栽工事
商業施設の芝張り 等

「駐車場の周辺だけを緑化できる?」「植栽工事でビルのイメージを変えたい」等、ご要望をお気軽にお寄せください。

植栽工事についてよくあるご質問

小さいスペースや木1本からでも植栽工事できますか?
はい、玄関脇や外構の一部等でも、スペースの広さや用途に合わせた植物の植栽プランをお造りいたします。職人が実際にスペースの状態を拝見してからプランのご提案となりますので、まずはお気軽にご相談ください。
どんな木を植えたら良いかわかりません。
「目隠しにしたい」「季節の花を見たい」「管理がラクな木が良い」等、用途やご要望をお伝えいただければ、ご希望に沿った植物をご提案いたします。もちろん「この木を植えてみたい」というご要望も大歓迎です。
芝張りはいつ頃行うのが良いですか?
一般的には3月~6月頃がもっとも理想的とされています。また真夏を避けた秋口にも芝張りをすることはできます。ただしお住まいの地域やその年の気候、品種によっても芝張りに適した時期は変動します。一度ご相談いただくことをおすすめします。